再開発ビルマネジメント

『初動期から検討する再開発ビルマネジメントについて』

(公社)全国市街地再開発協会では、平成19年3月の「再開発ビルマネジメント全国会議」開催を機に、再開発ビルのマネジメントについての情報収集及び実態把握を行いながら、実際のビル管理者と専門家を交えた議論を積み重ねつつ、全国での情報交流会を開催するなどの取り組みを行って参りました。
再開発ビルのほとんどが複数権利者による区分所有ビルです。区分所有ビルは単独オーナービルに比べて管理や運営において、意見調整をはじめとして様々な面において労力や時間が多く必要となることが多いようです。
一方、再開発事業が都市の再生において、今後も有効なツールとして活かされるべき手法と考えられますので、これから再開発事業に取り組む方々の参考となるよう、既存の再開発ビルが抱える問題点や課題を整理しながら、それらへの対応方法としての「再開発ビルマネジメント方策」を検討致しました。
再開発ビルを取り巻く課題については、事業による個別要因が多く、また様々な分野が輻輳すると共に、法や制度に関わる部分もあるため、全てを網羅した処方箋を作成するのは困難で、方策というよりはアドバイスに近いものに留まって感も拭えませんが、将来の円滑な再開発ビルマネジメントの一助になれば幸いです。

市街地再開発研究所

1.初動期から検討する再開発ビルマネジメントについて

このページのTOPに戻る